13MWZ

本日は15AWの13MWZ DENIM PANTSを掘り下げてみます。

今回<METAPHORE>と<BEAUTY&YOUTH>の別注では<METAPHORE>の提案するゆるやかなテーパードシルエットを忠実に再現し、フロントにはダブルループを配置、フラッシャーデザインはブルーグラデーション仕様のスペシャルパッケージになっています。デニムパンツにブロークンデニムを最初に起用した<Wrangler>。その歴史を継承する意味合いも込めて、今シーズンはブロークンデニムを採用。デニムのよじれ防止を生地段階から想定して作られたブロークンデニムを使用する事により、上品なフィットが表現されています。ポケット端のカンヌキには<Wrangler>の代名詞であるバータックを採用しました。 

今回のデニムパンツはあえてメリハリのあるヒゲや、色落ち加工を施していません。

1950年代から1960年代のヴィンテージデニムの雰囲気の再現というコンセプトのデニムパンツに食傷気味だったので、1970年代くらいの肩の力の抜けた雰囲気の立体感の薄いデニムパンツの方が時代に合っていると思ったのです。

先行予約サイト

f:id:hynm_kawaguchi:20150730110153j:plain

f:id:hynm_kawaguchi:20150730110205j:plain

f:id:hynm_kawaguchi:20150730110215j:plain

f:id:hynm_kawaguchi:20150730110227j:plain

f:id:hynm_kawaguchi:20150730110238j:plain